20歳年上の渋い親父が変態だったので6

真っ暗な部屋で目覚めた僕は一瞬ここがどこか分かりませんでしたが、横でスヤスヤ眠る和田さんの顔を見て思い出しました。時間を見ると22時半。ここへ来たのは16時前だったので、約8時間ここにいることになります。明日は仕事なので終電を逃すと大変になると思い、手探りでカバンを探し、和田さんを起こそうかと一瞬迷ったが、そのまま何も言わず帰ることにしました。

帰路に着きながら今日あったことを思い出しながらチンポが熱くなるのを感じました。和田さんにメールをしようかと思ったのですが、自分からするのはSのプライドとして許さなくて(笑)、向こうからの連絡を待つことにしました。そして翌日、和田さんからメールが届きました。


昨日はありがとうございました。大胆なプレイにすっかり興奮してしまい恥ずかしい姿を晒してしまって、、、本当にすみませんでした。お詫びを込めて、無料でオイルマッサージを提供させていただきたく、明日以降でご希望の日時をお知らせください。


お詫び?

これはあくまでも口実だろう。僕のチンポが欲しいんだ!僕ともっと遊びたいんだ!興奮を抑えながら冷静な文面で希望は来週の正午である旨をメールしました。そして和田さんからの返信が速攻で届きました。


ご返信ありがとうございます。
ご希望の日は終日空いていますので、いつでもお越しください。
お待ちしております!


和田さんはビジネスの体裁を保っているけど僕のチンポが恋しくて仕方ないと見ました。以前仲良くなったゲイマッサージ師が言ってた言葉を思い出しました。


毎日お客様のチンポを扱くけど自分は触られるだけで射精させてもらえない。そういう日が毎日つづくので、定期的に性欲が爆発して刺激的なセックスを求めるようになっていく。この業界には変態が多いのはそれが理由なんだ。


僕が初めて予約した日はいつもの和田さん、二回目の予約のとき、それが性欲が爆発しそうになって刺激的なセックスを求めているタイミングだったんだと思います。僕は運が良かったのです!

そして1週間が経過。
待ちにまった変態の和田さん(笑)の店に行く日です。


つづく

体験談・小説投稿フォーム
体験談・小説一覧
人気ブログランキングへ投票

gayjaporn_20190601153019aab.png