息子のエロ画像に興奮する父親3

ゆっくりと公園に歩を進める。通常なら自宅から1分で到着するが、気持ちを落ち着かせるため遠回りして10分程かけた。薄暗い園内に一か所だけ街灯に照らされている区画があり、そこにトイレと喫煙スペースが設けられている。

正治がまだ小さかった頃はこの公園で良く遊んだっけ。甘えん坊で怖がりで可愛かったんだよな…。いやいや、今も可愛い息子に変わりはない。その息子を犯すのか?

俺はここにきて初めて自問自答した。
トイレはもうすぐそこだが、今なら引き返せる。


ん!?
トイレから声がする!


「マジで変態だな、お前。ケツ穴ガバガバすぎて笑うわw」
「す、すいません…ァ…ハァハァ…ケツマン、気持ちイイっす!もっと、、、もっと、、、」

トイレへそっと近づき柱に隠れるようにして聞き耳を立てる。
喘いでいるのは正治だ。
もう一人は誰だ?


「おら、もっと穴締めろよ!」
「ンゥン…ァ…は、はい」


そっとトイレの中を覗く。
小便器の前で全裸の正治がタチバックでケツを犯されている!
相手の男は着衣でチャックからチンポだけを出しているようだ。


「これでケツ穴締めてんのかよ!ガバガバだぞw」
「す、すいません…ァ…ァン」

「お前、ヤリまくってんだろ、え?」
「は、はい…アァ…気持ちイイっす!マンコ気持ちイイっす!」

「噂通りの変態っぷりだぜww」
「は…はい、俺は、俺は変態肉便器っす!マンコもっと!チンポもっと!」

「変態野郎が…生意気に感じてんじゃねぇよ!ハァハァ…アァ…ハァハァ、アァ、ヤベェ、もうイク、、、種付けしてやるかならな…ハァハァ、ウゥ、、、アァッ!!」


ハァハァハァ…



二人の荒い息がトイレに響き渡る。



「フー、お前のケツマンまぁまぁだったぜ」
「ァア…ハァハァ、、は、はい」

「じゃぁな、また使ってやるからな」
「は、はい」

「お礼はないのかよ。お前が頼むから穴を使ってやったんだぜ」
「あ、すいません。ありがとうございました」


正治は当たり前のように全裸で土下座して礼を言った。


「やっぱお前は全裸土下座が似合うなww写真撮ってやるよw」
「は、はい、、、ありがとうございました」


「画像は〇witterにアップしてやるからなw」
「あ、ありがとうございます」

「てかまだ勃起してんのかよwじゃあな!」


正治はまだ土下座を続けている。文武両道で性格は明るく学校では人気者。友達も多く、高校の頃は彼女もいたはずだ。そんな息子が、ケツの穴を掘られ、蔑まれ、土下座して、それに興奮して勃起させるなんて…あぁ、ケツの穴がヒクヒクしている。種付けされたザーメンが一筋垂れて…なんてイヤらしいんだ。なんて…

男が入口に向かってきた。乗り出し過ぎた俺は慌てて柱の裏に隠れるが、俺の存在に気付かれてしまった。しかし男は動揺することなく目配せして去って行った。次に俺が掘ると理解したのだろう。作業着の俺とほぼ同じ40代後半くらいの男だ。

息子を犯した男。
息子に土下座させた男。

普通の親なら殴り掛かるのだろうか、しかし俺はただただ羨ましかった。俺は、今、決心がついた。息子を犯す!しかし今夜はお預けだ。小便器の前で呆けたように土下座をしつづける正治が目隠し待機を今からするとは思えない。今夜は帰るか…


つづく

当ブログはtwitter(@gayyjpn)をはじめました。
フォローよろしくお願いします。

体験談・小説投稿フォーム
体験談・小説一覧
人気ブログランキングへ投票
separa.jpg
生でヤらせてくれるノンケにズッポリと生でチンポを挿入!遊び慣れてない普通っぽいノンケがマングリ返しで肛門を晒される姿はヨダレもんですね。ケツを生でガン掘りされて勃起させちゃうんだから明日からは肛門ではなくてケツマンコ。動画と大きな画像は下記画像をクリックしてご覧下さい。

blur_edges.jpg