羞恥診察4

川村はワザとらしく首をかしげながら「原因はなんだろうな…」と呟きながら、軽く乳首を撫でたり、つねったりと触診を続ける。

山田は目を閉じ口を真一文字に結び、薄らと赤らんだ強面の顔は少し汗ばんでいるようだ。ほんの一瞬呻き声が聞こえたのは空耳でない。


「乳首の皮がめくれてますねぇ。特に右側の乳首の腫れが酷いようです。」
「お、おぉ」

「何か心当たりはありませんか?」
「ね…ねぇよ」

「乳首自体は昔から大きい方でしたか?」
「い…や…うん…そうだと…思う」

「これは痛いですか?」そう言って川村は強めに両乳首をつねった。
「ん…ァハァ…す、少し」

「ではこれは?」さらに強くつねった。
「ア…ンゥ…い、痛いです…」と初めて敬語を使った山田の表情は先ほどの鋭い視線は消え失せトロンとした視線になっていた。


「次は肛門を診察させていただきます」
「は…はい…」と恥ずかしそうに頷いた。


「横山くん」と川村は後に向かって呼んだ。

元気な返事とともに入って来たのは先ほど山田を診察室へ案内した看護師、年齢は20代前半で短髪体育会系だ。



「○○と○○を持って来てくれるか?」


「わかりました」と元気よく返事をした横山はベッド脇で準備を始めた。その間に川村は山田へ下着を下ろしてケツを突き出すよう指示した。素直に言うことを聞き山田は下着を膝までおろし、川村に背を向け手を膝に置いてケツを突きだした。



「もっとお尻を突き出してくださいね」
「は…はい」


さらにケツを突き出した山田の大きなケツタブはパックリと開き肛門が丸出しになり、ケツタブの間に大きな金玉が垂れ下がっている。


「はい、良く見えますので、そのままの姿勢でいてください」
「…」


川村は肛門を見ただけで納得した。


(やっぱりな、山田は肛門性行している!)


肛門の一部分が軽く裂けているのが目視できた。さらに一般的に肛門は縦長ではないが山田の肛門は僅かに縦長になっている、これは肛門性行のプレイを好む者の典型的な形だ。


「肛門が赤くなっていますね。傷もあるようです。」
「そ…そうっすか…」


川村は肛門のシワを数えるように指で撫でまわす。


「ん…ぁ…はぁ…」
「どうされました?痛いですか?」

「い…いえ…い、痛くないっす」


看護師の横山が川村に向かって視線で合図を送ってきた。


(ん?なんだ?山田の股間?)


横山の視線の先の山田の股間をソッと覗き込んでみる川。ギンギンに勃起したチンポから我慢汁が垂れ下がっている。普通なら恥ずかしくて縮こまるチンポなのにその逆とは(笑)羞恥攻めが好きなの?露出壁もあるのか?これは面白くなってきたゼww


川村は横山に向かって頷きニヤリと陰湿な笑顔を見せた。


「はい、山田さん結構ですよ」


山田は慌てて下着を穿くが、勃起したチンポを隠せるわけもなく下着は不自然に盛り上がっている。


「横山君、準備は出来ましたか?」
「はい、先生」


「山田さん、肛門内部も診察しますので下着を脱いで看護師の指示に従ってください」
「ぜ、全裸に?」

「はい、そうですよ」
「う…あの…」と何か言いたそうにしているが川村は気づかないフリをしてパソコンの画面に視線を移す。


観念したように山田はモゾモゾと下着を脱ぎ全裸になった。


「後のベッドへ横になってお待ちください」
「は…はい」


山田は両手で勃起したチンポを隠しながらベッドへ向かった。川村と横山は、山田が背を向けた瞬間、お互いの意思が同じであることを確認するかのように頷き合い、川村は診察室の入り口を指さした。


つづく

体験談・小説投稿フォーム
体験談・小説一覧
人気ブログランキングへ投票
separa.jpg
生でヤらせてくれるノンケにズッポリと生でチンポを挿入!遊び慣れてない普通っぽいノンケがマングリ返しで肛門を晒される姿はヨダレもんですね。ケツを生でガン掘りされて勃起させちゃうんだから明日からは肛門ではなくてケツマンコ。動画と大きな画像は下記画像をクリックしてご覧下さい。

blur_edges.jpg
[ 2018/07/31 12:12 ] 羞恥診察 | TOP