ノンケリーマンの前で排便露出オナニー

近所に野外発展場が数箇所あり、その中で一番人気なのが観光客用の公衆便所だ。利用者がほとんどいないので綺麗だし、個室は広く、そしてなんといっても車を路駐できるのが便利。夜になると路駐の車がズラリなんてこともあるくらいだ。

便所には大人用個室2つと子供用個室1つがある。子供用の個室は、便器が小さく作られていて対象年齢は小学校低学年以下と注意書きがあり、個室ドアの高さは1m弱しかない。犯罪予防と事故防止の意味があるらしいが、今の時代、こっちの方が性犯罪に巻き込まれる可能性が高いように思うが…

俺の性癖は、自分の恥ずかしい姿を見られたり、蔑まれたりすると興奮する変態です。セックスやオナニーを他人に見られるのが好きだし、小便や糞をしている無防備で恥ずかしい姿を鑑賞されるのも好き、露出と乱交も好きな変態ですわ(笑)

8月のある日、時間は14時、この公衆便所へやってきた。真夏日の真昼間ならまず誰も来ないので、子供用の個室で糞をしながらオナニーをぶちかまそうと思ったんだ。誰も来るはずはないけどスリルが味わえるし、万が一、誰か来ても、糞をしているだけなので通報されることもないだろう。子供用の個室で糞をしてたら馬鹿と思われるかもしれないが、その蔑みは、俺にとっては最高の興奮材料なので一石二鳥だ(笑)

便所にはやはり誰もいないが、国道に近いので車の往来は激しい。

洗面所の鏡の前でデニムと下着を足首まで下げる。肛門へイチジク浣腸2本同時に挿し込み注入。ヒンヤリとした液体が入ってきて気持ち良い。既にビンビンに勃起して先走り垂らしてるんだから俺って変態だよな(笑)

勃起したチンポを下着に押し込みデニムを穿いて便所を出て、道路に面した木陰になっているベンチに腰を下ろしてタバコを一服。

10分ほど経過したとき、俺は少しの便意を感じた。それと同時に暑さの為に萎えていたチンポが再び反応して勃起。便意で勃起するキモチは分かってもらえるかな?(笑)デニムの股間部分は異様なほど盛り上がっている。足を開き、のけぞるのように座り、手を頭の後ろで組む。こうするとますます股間部分が強調されてエロい。そのままの姿勢で目を瞑り便意を我慢する。聞こえてくるのは車の通りすぎる音とセミの鳴き声だけだ…

すると突然バイクが俺の前で止まった。
俺は姿勢を変えずに横目でバイクの方を見る。

スーツを着ている。
営業マンだろう。
40代前半くらいでガタイは野球選手のようにガッチリしている。

バイクから降り俺に視線を向けることなくトイレへ駆け込んでいった。

ゲイではないな。
歩き方、髪型、スーツの着こなし方で俺はそう判断した。

昔からノンケの前で露出をしたいという願望をもっているが一度も経験がない。その勇気がないんだ。警察に通報されるかもしれない、殴られるかもしれない、変態の割に用心深い、それが俺(笑)そんなことを考えているうちに俺の便意は限界にきていた。しかし営業マンがまだ便所にいる。

大人用の個室を使うか、それとももう少し待って営業マンが便所からいなくなってから、子供用の便器でスリルを味わいながら糞を垂れ流しながらオナるか。もう少し待ってみよう。


5分経過


営業マンはまだトイレから出てこない。
小便ではなくて糞だな。

ヤベェ…

俺の便意は限界だ!
今日は諦めて大人用の個室で大人しく糞をすることにしよう。


トイレへ入ると、2つあるうちの1つの大人用個室はふさがっている。営業マンは長糞の真っ最中ってわけだ。もうひとつの大人用のトイレへ入る。

ん?

開かない!

何故だ?
押しても引いてもダメ。

アッ!?
床に「故障中」と印刷された紙が落ちているじゃねーか!!



こうなったら営業マンが出てくるのを待つしかないのか…しかし俺の便意はもう限界だ!
ケツ穴を緩めたとたんにあふれ出るだろう。


もう限界だ!!


子供用の個室へ入る。
やはり小さい!

ケツを少し浮かしてやれば問題は無さそうだ。

Gパンとビキニをいきおいよく脱ぎ、便器にケツを浮かせてまたがる。
糞が出るときに大きな音が出ないようにしようとしたが、そんな余裕はない。


ブリブリブリッ~


でっかい音とともに糞がでてしまった。


腹痛え~
イチジク浣腸1本にしとくんだった…


腹をさすりながら踏ん張る俺。
すると、水を流す音とともに個室から営業マンが出てきた。

マズイッ!
見られてしまう!


しかし、俺はどうすることもできない。


ケツを突き出した格好の俺の後ろを営業マンが通る。
営業マンの様子を伺うことはできない。


恥ずかしい…


水道で手を洗う音が響く、やたらと時間をかけて洗っている営業マン。


俺は営業マンにケツを突き出すような格好になってるわけだ。
この距離ならケツ穴のシワまで見えるはず。

まだ手を洗っている。


視線を感じることによってジワジワと興奮してきた俺。
チンポは、既にギンギンに勃起している。

ブリブリ…


残っていた糞を捻り出す。


ここで露出狂の血が騒ぎ出す。

もっと、見てくれ!
もっと、俺を見下してくれ!蔑んでくれ!


下腹部に力を入れた。


ブリブリブリッ~


ケツの穴から糞がでる瞬間を見た営業マンの反応が知りたい。
視線が突き刺すように感じるだけだ。


尿意を覚えた俺。
しかしチンポは勃起しておりこの姿勢では用を足せば服が汚してしまう。
まず、トイレットペーパーでケツを拭く。
わざとらしくケツを営業マンに突き出して拭く。


まだ手を洗っている。


ケツ穴を拭き終り、小便をする為に腰を浮かしてチンポを強引に下へ向ける。
これで、営業マンには俺の勃起したチンポがケツの間から拝めるはずだ。


ジョジョジョジョッ~、ボトボトボト~ 


小便の音が響く。


不自然なほど長い時間をかけて手を洗っている営業マン。
興味があることは明らかだ。

俺はそのままチンポを扱き始めた。

我慢汁を亀頭に塗りたくり、ヌチャヌチャと音が響く。


俺は恥ずかしくて営業マンのいる方へ振り返ることが出来ないが、大胆に大股開いてケツを突き出し、足の間で金玉を揺らし、竿が見えるように下向きにして扱き続ける。

蛇口から流れる水の音は既に止まっているが、営業マンの気配はある。


ノンケに見られている!
俺の糞したばかりの臭え肛門を、デカイ金玉、そしてオナニーを!

ヤベェ…

マジで興奮するぜ…


ハァハァ…


変態的な空間で満ち溢れていた空間に突然の携帯電話の着信音が鳴り響く。営業マンは足早に便所を出て行った。


いい所だったのに…


クソッ!


アァ、、、でも扱く手を止められねぇ…
たった今、俺はノンケに糞してる姿を見られたんだ、アァ、俺の恥ずかしい部分を見られて…アァ、、、


イクッ!!



営業マンが便所を出て行ってまだ1分も経っていない。射精する所を見てもらえなかったのは残念だけど、久々にスリルと興奮を味わえて大満足の俺は、身支度を整え、便所を出た。予想通り営業マンはバイクの前で携帯電話でまだ話をしていた。

俺が出てきたのに気づいたようだ。
俺を横目で見ながら会話を続けている。

スッキリした俺は後ろ髪をひかれることなく帰路についた。

今度はもっと大胆なことをやってみてーな。




separa.jpg
生でヤらせてくれるノンケにズッポリと生でチンポを挿入!遊び慣れてない普通っぽいノンケがマングリ返しで肛門を晒される姿はヨダレもんですね。ケツを生でガン掘りされて勃起させちゃうんだから明日からは肛門ではなくてケツマンコ。動画と大きな画像は下記画像をクリックしてご覧下さい。

blur_edges.jpg