息子のエロ画像に興奮する父親9

いったいどのくらいの時間が経過したのだろうか…

複数いた男達は俺のケツを犯して満足すると去っていき、今は1人の男が俺を犯しているだけになっていた。目隠しと口に押し込まれていたタオルは既に外されているが手足の拘束はされたままだ。


「俺が、最後っすよ、坂田さんw」
「…」

「坂田さんって俺の父親より年上っすよw」
「…」

「息子くらいの年齢の男に肛門犯されるってどんな気持ちっすか?」
「…」

「無視かよwww」
「…」


フゥ…

アァ、ヤバ…イキそう…ァハァ…ァッ…ゥッ

イ、イク…!

ァァ…


男は射精した後も余韻を楽しむかのように、肛門から引き抜いたチンポを俺にしゃぶらせ、その様子を動画に撮っている。もう、俺は拒否する元気もない。


「顔出し撮影可能の肉便器は初めてっすよww」
「ングゥ…ゥグ…ァ」

「免許証まで公開しちゃって、もう人間終わってますねw」
「グゥ…ァァ」

「フェラチオ下手すぎw」
「ウゥ…グ…」

「あ、もうこんな時間か…」


男は口からチンポを引っこ抜き身支度を整え去って行った。
俺は拘束されたままだ…
どうすればいいんだ…俺はこのままなのか…焦りながら便器の上でもがいていると男が戻ってきた。


「拘束紐切っていくの忘れてたわwww」
「…」

「改めてこうしてみると変態だよなー、マンコとチンポ丸出しで拘束されて、もう一枚撮っとこっとw」


男は何枚かの写真を撮りながら、「あ、ここは便所だったよな」と言うとおもむろにチャックからチンポを出して、俺めがけて放尿を始めた。


「グゥ…や、やめろ…」
「チンポ勃起させながらやめろと言われてもねーw」

「…ゥ…」
「マジで変態っすねwww」


男は小便が終わると手足を拘束していた紐を切って去って行った。俺はヨロヨロと立ち上がり開けっ放しの個室のドアを閉め、しばらく動けず便座に呆然と座り続ける…


携帯の着信音でふと我に返る。
着信相手は友人だ。
明日にでも電話しよう、明日は仕事だ、嫁の風邪は大丈夫か、少しづつ現実に思考が戻って行く。

散らばった服を拾おうと屈んだ瞬間、肛門からザーメンが垂れた。


ァア…

ケツが痛い…


体中が痛い…なんとか服を着て、壁に貼り付けられていた免許証をはがし、トイレを後にした。外は大雨、ボサボサの髪と汚れた服を隠してくれるこの雨がありがたい。


つづく

当ブログはtwitter(@gayyjpn)をはじめました。
フォローよろしくお願いします。

体験談・小説投稿フォーム
体験談・小説一覧
人気ブログランキングへ投票
separa.jpg
生でヤらせてくれるノンケにズッポリと生でチンポを挿入!遊び慣れてない普通っぽいノンケがマングリ返しで肛門を晒される姿はヨダレもんですね。ケツを生でガン掘りされて勃起させちゃうんだから明日からは肛門ではなくてケツマンコ。動画と大きな画像は下記画像をクリックしてご覧下さい。

blur_edges.jpg

息子のエロ画像に興奮する父親8

ン…ゥ

いままで感じたことのない痛みで目を覚ました。

えっ?
な、なんだ?

こ、この状況はいったい…


「どうも、こんちは、坂田さーん」


お、おれの本名…を、な、なぜ知ってるんだ?
え、なにが起こっているんだ…

なにが…


「今ケツマン使わせてもらってまーす!既に5発の種が仕込まれてるっすよw」

「いや、6発目だろw」

「あ、そっか、へへへへw」

「ポケットに免許証が入ってたんで無くすと困るかなーと思って壁にテープで貼っておいてあげたんで。終わったら忘れずに持って帰って下さいねーw」

「もっと若いかと思ったら1973年生まれの45歳か、意外に爺だな」

「これくらいのマンコが一番いいんだってw」


な、なに?
俺の免許証が…壁に貼り付けられているだって…


痛い…
苦しい…


口の中にタオルが押し込まれていて声が出ない。
目隠しもされている。

便座の上に両足を左右に大きく開いて紐で固定され、後ろ手に縛られ、そして今、見知らぬ男にケツを掘られている…後頭部の痛み、ケツの穴の痛み、縛られた手首の痛み、そして精神的な恐怖で体が強張る。


「お、ケツ穴の締め付けが良くなったぜw」


後ろの方で複数の男の声が聞こえる。


「マジでやってるー」

「肉便器初めて見たw」

「すげぇー!早くヤリてー!」


怖い…

なぜこんなことに。。。。



痛い
痛い

怖い
怖い


アァ…、、、ハァ

ン…アァ…ハァハァ…

痛…イ…ン…ハァ…ァハァ…

ァ…


「へへへ、坂田さん、気分出してきたじゃねーか。チンポがビンビンだぜ」


ハァハァハァ…
息が苦しい、、、み、水が欲しい
苦しい

で、でも、、、アァ、、、ケツが気持ち…イイ…

ハァハァハァハァ


「そろそろイクぜ。種付けしやるからな」

「お、やっとかよ、早くイケ、イケw」

「ヤバ、イク、イク、ングゥ…ハァハァ、、、グゥッ……ッ」

「お、やっとイッたか、変われ、変われ」

「わーたよ」


つづく

当ブログはtwitter(@gayyjpn)をはじめました。
フォローよろしくお願いします。

体験談・小説投稿フォーム
体験談・小説一覧
人気ブログランキングへ投票
separa.jpg
生でヤらせてくれるノンケにズッポリと生でチンポを挿入!遊び慣れてない普通っぽいノンケがマングリ返しで肛門を晒される姿はヨダレもんですね。ケツを生でガン掘りされて勃起させちゃうんだから明日からは肛門ではなくてケツマンコ。動画と大きな画像は下記画像をクリックしてご覧下さい。

blur_edges.jpg

息子のエロ画像に興奮する父親7

実の父親である俺のことを息子は性的な対象として見ていたのか!そういえば、トイレのドアを閉めずに小便しているとき、風呂上りに全裸で髪を乾かしているとき、下着一枚で嫁に文句いわれながらリビングで筋トレしているとき、必ず息子と鉢合わせをしていた。普段は自室にこもってゲームばかりしているにも関わらず…


リリリリリリーンッ


ゆで卵の茹で上がりを知らせるタイマーが鳴り響いた。、ゆで卵を鍋から取り出し、トーストとスープの準備、お粥も出来上がったので後で嫁にもっていってやろう。それらをテーブルに置く。正治は携帯を見続けているが、俺のことを意識しているのが分かる。


「正治、お前はコーヒーか?」
「うん」


椅子に座り朝飯を食い始める。
普段通り会話もなく黙々と飯を食う。







カシャンッ!


正治がフォークを落とした。俺は瞬時に足を左右に大きく開き、股間を強調させるように座りなおした。息子も変態なら父親の俺も変態だ…(笑)

フォークを拾う為にテーブルの下に潜り込む正治。俺はチンポジを直すふりをしながら見せつけるように腰を動かす。アァ…俺の股間に視線を感じる。チンポが欲しいのか?マンコが疼いているのか?なかなかテーブルの下から出てこない。

時間にしたら数十秒だろうか。
僅かな時間だが息子に股間を見られる快感に息がつまりそうな興奮を覚えた。


俺と目を一切合わせない息子。
なんて可愛いんだ。
なんてエロいんだ。

俺はもう迷わない。
息子とセックスする。

息子のケツマンコを堪能してやる!昨日の男のように肉便器のように扱って、ケツ穴を掘った後に土下座させよう。自分のなかのSっ気がどんどんと高まっていく。


朝飯を終えると正治はさっさと自室へ戻って行った。
これもいつも通りだ。

俺は朝飯の後片付けをする前に正治へメールを送ることにした。


返信が遅くなってごめん。
やっぱり変態だな、父親を性的対象として見るなんて(笑)
今日ケツマン使わせてよ。


今日は暇してるんで何時でもOKです。
ぜひぜひぜひぜひお願いします!


2時間後に、昨夜のトイレの個室で全裸目隠し待機するように指示を出す。大喜びで了承の返信が届いた。まさか実の父親に犯されるとも知らず。


しばらくして正治が俺の部屋にやってきた。


「ちょっと出かけてくる」
「どこへ行くんだ?」


「ちょっと」
「何時に戻るんだ?」


「夜飯には帰る」
「遅くなるときは連絡するんだぞ」


「…」


相変わらず愛想のない奴だ(笑)待ち合わせ時間までまだ1時間以上ある。きっと全裸目隠し待機する時間も楽しむつもりなんだろう。我が息子ながら変態っぷりに笑ってしまう。普通の親なら辞めさせるんだろうけど、俺はもう普通の親ではない。早く犯しまくりたい!


正治からメールが届いた。


待ちきれなくて既に全裸で個室にいます。
ディルドでアナニー中です!
早くチンポ欲しいっす!


変態だねー(笑)
じゃぁ、15分くらいしたら行ってあげるよ。


ありがとうございます!
目隠し全裸待機していますので、即掘り使い捨てしてください。
よろしくお願い致します。


そして20分後、トイレの入り口に到着。緊張と興奮で呼吸が荒くなる。今日は夕方から天気が大荒れになる予報なので園内には誰もいない。

トイレに入る。
そして一番奥の個室へ。


ん?


ドアが開いている。



誰もいない…


ドタキャン…
息子にドタキャンされたのか。
俺は失望と怒りで手にもっていた傘を壁に叩きつけた。
その瞬間、後頭部に激しい痛みを感じ、その場に崩れ落ちた。


な、

な、、

なにが起こったんだ…


つづく

当ブログはtwitter(@gayyjpn)をはじめました。
フォローよろしくお願いします。

体験談・小説投稿フォーム
体験談・小説一覧
人気ブログランキングへ投票
separa.jpg
生でヤらせてくれるノンケにズッポリと生でチンポを挿入!遊び慣れてない普通っぽいノンケがマングリ返しで肛門を晒される姿はヨダレもんですね。ケツを生でガン掘りされて勃起させちゃうんだから明日からは肛門ではなくてケツマンコ。動画と大きな画像は下記画像をクリックしてご覧下さい。

blur_edges.jpg

息子のエロ画像に興奮する父親6

自宅に帰った俺は正治に〇witterでメッセージを送った。


今夜行ったけどお楽しみ中だったので帰ったよ。
目隠し待機してるものとばかり思ってた。
ガッカリ・・・
次の機会によろしく。


速攻で返信が来た。


すみませんでした!
以前会った人で貴方とヤッた後にするはずだったのですが、その人が早く来てしまい犯されてしまいました。
まだ俺はトイレにいます。
もし良かったら今からでもいかがですか?


今夜はやめておく。


俺はわざと素っ気ない返信を送った。
すると正治から長文の返信が。


本当にすみませんでした!
今夜は貴方を優先してマンコを使っていただくつもりだったのに…
本当にごめんなさい。
俺は学生なので時間は比較的自由になります。
親と同居だけど、怪しまれることなく時間帯関係なく自由に外出できます。
メールアドレスをお知らせしますので、いつでも声をかけてください。


分かった。
自宅は使えないの?


さすがに自宅は厳しいです。
すみません。


地方都市といっても人口が少なく、娯楽の少ないこの町で自分の性癖を満足させてくれる相手なんてそう簡単に見つかるものではない。車をまだ持ってない息子の行動範囲は限られているので尚更だ。

メッセージのやり取りが続いた。そして途中正治が帰宅しシャワーも浴びずに自室へ。まさか父親とメッセージのやり取りをしているとは思ってもいないだろう。この事実を知ったらどうするかな。


今日ヤッてた人も俺も40代後半だけど親父好き?


はい!
親父大好きです!
逆に若い人は苦手なんです。


じゃぁ、父親ともヤレるね(笑)


はいww


はいだと?
この返事の意味は…


つづく

当ブログはtwitter(@gayyjpn)をはじめました。
フォローよろしくお願いします。

体験談・小説投稿フォーム
体験談・小説一覧
人気ブログランキングへ投票
separa.jpg
生でヤらせてくれるノンケにズッポリと生でチンポを挿入!遊び慣れてない普通っぽいノンケがマングリ返しで肛門を晒される姿はヨダレもんですね。ケツを生でガン掘りされて勃起させちゃうんだから明日からは肛門ではなくてケツマンコ。動画と大きな画像は下記画像をクリックしてご覧下さい。

blur_edges.jpg

息子のエロ画像に興奮する父親5

ゆっくりと公園に歩を進める。通常なら自宅から1分で到着するが、気持ちを落ち着かせるため遠回りして10分程かけた。薄暗い園内に一か所だけ街灯に照らされている区画があり、そこにトイレと喫煙スペースが設けられている。

正治がまだ小さかった頃はこの公園で良く遊んだっけ。甘えん坊で怖がりで可愛かったんだよな…。いやいや、今も可愛い息子に変わりはない。その息子を犯すのか?

俺はここにきて初めて自問自答した。
トイレはもうすぐそこだが、今なら引き返せる。


ん!?
トイレから声がする!


「マジで変態だな、お前。ケツ穴ガバガバすぎて笑うわw」
「す、すいません…ァ…ハァハァ…ケツマン、気持ちイイっす!もっと、、、もっと、、、」

トイレへそっと近づき柱に隠れるようにして聞き耳を立てる。
喘いでいるのは正治だ。
もう一人は誰だ?


「おら、もっと穴締めろよ!」
「ンゥン…ァ…は、はい」


そっとトイレの中を覗く。
小便器の前で全裸の正治がタチバックでケツを犯されている!
相手の男は着衣でチャックからチンポだけを出しているようだ。


「これでケツ穴締めてんのかよ!ガバガバだぞw」
「す、すいません…ァ…ァン」

「お前、ヤリまくってんだろ、え?」
「は、はい…アァ…気持ちイイっす!マンコ気持ちイイっす!」

「噂通りの変態っぷりだぜww」
「は…はい、俺は、俺は変態肉便器っす!マンコもっと!チンポもっと!」

「変態野郎が…生意気に感じてんじゃねぇよ!ハァハァ…アァ…ハァハァ、アァ、ヤベェ、もうイク、、、種付けしてやるかならな…ハァハァ、ウゥ、、、アァッ!!」


ハァハァハァ…



二人の荒い息がトイレに響き渡る。



「フー、お前のケツマンまぁまぁだったぜ」
「ァア…ハァハァ、、は、はい」

「じゃぁな、また使ってやるからな」
「は、はい」

「お礼はないのかよ。お前が頼むから穴を使ってやったんだぜ」
「あ、すいません。ありがとうございました」


正治は当たり前のように全裸で土下座して礼を言った。


「やっぱお前は全裸土下座が似合うなww写真撮ってやるよw」
「は、はい、、、ありがとうございました」


「画像は〇witterにアップしてやるからなw」
「あ、ありがとうございます」

「てかまだ勃起してんのかよwじゃあな!」


正治はまだ土下座を続けている。文武両道で性格は明るく学校では人気者。友達も多く、高校の頃は彼女もいたはずだ。そんな息子が、ケツの穴を掘られ、蔑まれ、土下座して、それに興奮して勃起させるなんて…あぁ、ケツの穴がヒクヒクしている。種付けされたザーメンが一筋垂れて…なんてイヤらしいんだ。なんて…

男が入口に向かってきた。乗り出し過ぎた俺は慌てて柱の裏に隠れるが、俺の存在に気付かれてしまった。しかし男は動揺することなく目配せして去って行った。次に俺が掘ると理解したのだろう。作業着の俺とほぼ同じ40代後半くらいの男だ。

息子を犯した男。
息子に土下座させた男。

普通の親なら殴り掛かるのだろうか、しかし俺はただただ羨ましかった。俺は、今、決心がついた。息子を犯す!しかし今夜はお預けだ。小便器の前で呆けたように土下座をしつづける正治が目隠し待機を今からするとは思えない。今夜は帰るか…


つづく

当ブログはtwitter(@gayyjpn)をはじめました。
フォローよろしくお願いします。

体験談・小説投稿フォーム
体験談・小説一覧
人気ブログランキングへ投票
separa.jpg
生でヤらせてくれるノンケにズッポリと生でチンポを挿入!遊び慣れてない普通っぽいノンケがマングリ返しで肛門を晒される姿はヨダレもんですね。ケツを生でガン掘りされて勃起させちゃうんだから明日からは肛門ではなくてケツマンコ。動画と大きな画像は下記画像をクリックしてご覧下さい。

blur_edges.jpg

息子のエロ画像に興奮する父親4

自宅に帰った俺は正治に〇witterでメッセージを送った。


今夜行ったけどお楽しみ中だったので帰ったよ。
目隠し待機してるものとばかり思ってた。
ガッカリ・・・
次の機会によろしく。


速攻で返信が来た。


すみませんでした!
以前会った人で貴方とヤッた後にするはずだったのですが、その人が早く来てしまい犯されてしまいました。
まだ俺はトイレにいます。
もし良かったら今からでもいかがですか?


今夜はやめておく。


俺はわざと素っ気ない返信を送った。
すると正治から長文の返信が。


本当にすみませんでした!
今夜は貴方を優先してマンコを使っていただくつもりだったのに…
本当にごめんなさい。
俺は学生なので時間は比較的自由になります。
親と同居だけど、怪しまれることなく時間帯関係なく自由に外出できます。
メールアドレスをお知らせしますので、いつでも声をかけてください。


分かった。
自宅は使えないの?


さすがに自宅は厳しいです。
すみません。


地方都市といっても人口が少なく、娯楽の少ないこの町で自分の性癖を満足させてくれる相手なんてそう簡単に見つかるものではない。車をまだ持ってない息子の行動範囲は限られているので尚更だ。

メッセージのやり取りが続いた。そして途中正治が帰宅しシャワーも浴びずに自室へ。まさか父親とメッセージのやり取りをしているとは思ってもいないだろう。この事実を知ったらどうするかな。


今日ヤッてた人も俺も40代後半だけど親父好き?


はい!
親父大好きです!
逆に若い人は苦手なんです。


じゃぁ、父親ともヤレるね(笑)


はいww


はいだと?
本気か?
俺と、父親と、セックスしたいと思ってるのか?
冗談か?
俺は緊張しながら返信する。


父親とどんなセックスしたいの?

冗談ですよw
さすがに実の父親とは無理ですww


見知らぬ男に平気でヤラせる変態なのに近親相姦は無理なんだね(笑)

はいw
さすがに気持ち悪いですよwww


正治は息子として当たり前の感情を抱いているだけだ。嫌われてるわけでもないのに、なんなんだこのクラクラするほどの寂しさは…(笑)何を期待してたんだ俺は?いったい何やってんだ俺は…


たしかに気持ち悪いよね(笑)
今日は遅いんで寝ます。
ではまた。


メッセージを送った後、正治からの返信を確認しないまま携帯を置き布団に潜り込んだ。悶々とした気持ちで眠れるはずもなく、一睡もできずに朝を迎えた。嫁はまだ起きていなかったので2階の寝室へ様子を見に行くと完全に風邪でダウン。朝御飯の支度は俺がしよう。お粥も作らないとな。

俺と正治はトーストと茹で卵、それとカップスープでいいだろう。
卵を鍋にほうりこんでタイマーをセット。
隣でお粥もつくる。

しばらくして正治がノッソリと起きてきた。


「おはよう」
「あぁ、おはよう」

「あれ、母さんは」
「風邪でダウン。朝はトーストでいいよな?学校は?」

「今日は日曜」
「あぁ、そうか」


息子はいつもと様子は変わらず。
俺は挙動不審にならないよう必死に平静を装った。


「ゆで卵もうすぐ出来るし、もうちょっと待っててくれよ」
「…」

返事はなく不機嫌そうにテーブルに座って携帯を見ている。
いつも通りだ(笑)

ゆで卵とお粥の様子を見ながら俺も携帯をチェックすると正治からメッセージが届いていた。昨夜送っていたようだ。


あの…
ドン引きしないで聞いてくれますか?
実は、俺、親父の脱いだ下着の匂いを嗅いでオナったことが何度もあるんです。
俺、本当に変態で、親父ですら性的対象なんです。
ドン引きしますよね?
毎日、スーツでもスウェットでも何穿いていてもモッコリしててケツに布地が食い込んでて、マジで興奮するんです。あのチンポを咥えたいと何度思ったか…ドン引きしました?しますよね…こんな俺でも良ければケツマンぜひ使ってください。ちなみにタチも出来るんですよwエロいこといっぱいしたいです!!おやすみなさい。


俺はボーゼンとそのメッセージを見続けた。
正治が俺のことを…


つづく

当ブログはtwitter(@gayyjpn)をはじめました。
フォローよろしくお願いします。

体験談・小説投稿フォーム
体験談・小説一覧
人気ブログランキングへ投票
separa.jpg
生でヤらせてくれるノンケにズッポリと生でチンポを挿入!遊び慣れてない普通っぽいノンケがマングリ返しで肛門を晒される姿はヨダレもんですね。ケツを生でガン掘りされて勃起させちゃうんだから明日からは肛門ではなくてケツマンコ。動画と大きな画像は下記画像をクリックしてご覧下さい。

blur_edges.jpg